貢正会とは

津軽三味線の演奏民謡(唄)
『楽しむ会』です。!(^^)!

津軽三味線 貢正流 宗家 三山 貢正
(みやま みつまさ)を中心に
家元 二代目 三山 貢正(みやま みつまさ)・土橋 成江(どばし まさえ)の各先生、「民謡」や「津軽三味線」の好きな仲間達(It’s Mitsumasa Family!!)で演奏活動を行なっています。

Mitsumasa Familyのモットーは『和』です。
人と人とのつながりを大切にして、下は3才から大正生まれの元気なおじいちゃん、おばあちゃんまで楽しくお稽古に励んでいます。

毎年行われる発表会はもちろん、ボランティア活動やTV、各舞台でのMitsumasa Familyの演奏はとても好評で、海外での公演も数多く行なっています。

過去の全国大会では、師匠の厳しい指導のもとで練習を積み重ねた合奏曲で
幾度となく優勝の栄誉に輝いています。

主な大会実績としては、財団法人日本民謡協会全国大会「器楽合奏の部」において
「津軽じょんから節」(平成二年)、「芳春~ほうしゅん~」(平成五年)、 津軽三味線コンクール全国大会「合奏の部」では「華鼓~はなつづみ~」(平成十一年)で優勝』を果たしています。

「貢正会の和」のページはコチラ

「貢正会の歩み」のページはコチラ

津軽三味線 貢正会